さくらももこ先生のこと

こちらはnoteに2018/08/30 09:20に投稿した記事のアーカイブです。
瀧波ユカリ 2018.08.30
読者限定

こんな日が来ることも、こんな気持ちになることも、ちっとも想像していなかった。

さくらももこ先生がいない世界に生きるかなしさ。ちびまる子ちゃんで育ち、もものかんづめでエッセイの楽しさを知り、幕の内弁当でサブカルを知り…いろんなことをたくさん教えてもらったし、たくさん笑わせてもらった。

遠い遠い雲の上の人でありながら、面白い近所のおねえさんだった。多くのりぼんっ子に「漫画を職業にする」ことを意識させてくれた人だった。結婚しても、夫の前でサルの真似をしながらオナラしてもいいんだ!って教えてくれた。女だからこうしなきゃ、みたいなことを何ひとつ描かないことで、しなくてもいい、と気付かせてくれた。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、1191文字あります。

すでに登録された方はこちらからログイン

ふたたび東京に住む
誰でも
7月を乗り切る
読者限定
「おっぱい」と言えない女の子の話 #NoBagForMe(noteアー...
誰でも
noteからtheLetterへの移行について #02
読者限定
noteからtheLetterへの移行について #01
読者限定
『女の戦い』という言葉(note有料記事アーカイブ)
読者限定
一貫してないですし
誰でも
《花恋05》オダジョーの謎を解く。 『花束みたいな恋をした』 (もう観...
誰でも