《日記》別に苦しんで作らなくてもいい

こちらはnoteに2018/06/03 18:03に投稿した記事のアーカイブです。
瀧波ユカリ 2018.06.03
読者限定

漫画は苦しんで描くものっていうイメージが世間的にも私の中にもあって、いまだにゴミ箱に紙くずの山を作って頭をかきむしりながらがんばれば名作が生まれる、ような気がしている。

実際苦しい思いをしてよいものができる時もある。そういう時は正しいプロセスを経たような気がしてほっとする。

でも、さーっと描けてしまう時もある。そういう時はさーっと描けてしまったから面白くないんじゃないかって不安になる。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、360文字あります。

すでに登録された方はこちらからログイン

ふたたび東京に住む
誰でも
7月を乗り切る
読者限定
「おっぱい」と言えない女の子の話 #NoBagForMe(noteアー...
誰でも
noteからtheLetterへの移行について #02
読者限定
noteからtheLetterへの移行について #01
読者限定
『女の戦い』という言葉(note有料記事アーカイブ)
読者限定
一貫してないですし
誰でも
《花恋05》オダジョーの謎を解く。 『花束みたいな恋をした』 (もう観...
誰でも