《日記》いきなりはいきなりに

こちらはnoteに2018/05/24に投稿した記事のアーカイブです。
瀧波ユカリ
2018.05.24
読者限定

フィットネスに通い始めてまだ2回目。いろんな器具があるけど私は歩くやつとスイスイ漕ぐやつしか使わない。というかウエイトのやつは使い方すらわからないし重そう(そりゃそうだろう)なので今後も使わない。30分歩いて10分漕いだ。ウォーキングの距離を記録しようとモニタ画面を撮影しようとしたら、もたもたしているうちに表示が切り替わってしまった。やはりアプリを入れねば。アプリを入れると自動的に記録してくれるらしい。

そのあと、なりゆきでショッピングモールに行き、勢いでいきなりステーキに入った。ステーキを食べたいと思うなんて久しぶりで、フィットネスの効果はさすがだ。ちなみに1回目のあとはケンタッキーを食べたんだった。ハワイのアラモアナショッピングセンターにあるメイシーズという百貨店のフロアで、バーベキューグッズの隣にランニングマシーンが置いてあって、アメリカすげえなと思ったんだけど、あれはめちゃくちゃ理にかなっているぞ。10年越しくらいに理解した。いきなりステーキは店のBGMが肉のジュージュー音にかき消されるくらいの勢いでジュージューしていて、つまり人がたくさん来ていて賑わっていた。ステーキは賑わっているお店で食べたほうがおいしいよね。

運動して肉を食べたりなんかしたらすぐ寝てしまうんじゃ…と思ったけど、昼寝なしで16時を越えて、今これを書いている。肉はすごい。元気になる。きっともっと肉を食べたほうがいい。寂聴さんのドキュメンタリーを思い出す。肉、めっちゃ食べてた。私もああなりたい。いきなりはなれないだろうから、無理のない程度にフィットネスに通い、肉を食べて、にこにこしながら、ばりばり仕事をしたい。

ここから先は限定公開です

下記からメールアドレスを入力するだけで続きを読むことができます。

すでに購読された方はこちら

ログインする