《日記》私が私に会ったら

こちらはnoteに2018/09/21 00:13に投稿した記事のアーカイブです。
瀧波ユカリ 2018.09.21
読者限定

日々仕事をこなしつつ、体力づくりをしたり好きなように絵を描いたり、家族とごはんを食べながら話したり、そんなふうに暮らしている。

今日は街に出た。私の少し前を、ジャージを着た女子高生3人組がかしましくおしゃべりをしながら歩いている。あの子たちの年齢は、私よりも私の娘のほうに近い。

高校卒業してから◯年、という数え方をずっとしてきた。ことあるごとに、えーもう高校卒業してから◯年も経ったの!?やばい!!みたいな話を女友達としてきた。やばくてもなんでもおかまいなしに月日は流れて、今は高校卒業してから20年だ。高校卒業するまでに生きた年月をこえてしまった。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、780文字あります。

すでに登録された方はこちらからログイン

ふたたび東京に住む
誰でも
7月を乗り切る
読者限定
「おっぱい」と言えない女の子の話 #NoBagForMe(noteアー...
誰でも
noteからtheLetterへの移行について #02
読者限定
noteからtheLetterへの移行について #01
読者限定
『女の戦い』という言葉(note有料記事アーカイブ)
読者限定
一貫してないですし
誰でも
《花恋05》オダジョーの謎を解く。 『花束みたいな恋をした』 (もう観...
誰でも